時間15:00~16:30
会場H会場
主催公益社団法人 日本技術士会
所属

関西大学社会安全学部 准教授

氏名小山 倫史
URLhttps://www.engineer.or.jp/c_cmt/bousai/
53
 

略歴

1999年3月 京都大学工学部土木工学科 卒業
2001年3月 京都大学大学院工学研究科土木システム工学専攻博士課程前期課程 修了(工学修士)
2007年12月 スウェーデン王立工科大学(KTH)資源・水資源工学科博士課程 修了(Ph.D)
2008年4月 京都大学大学院工学研究科、助教
2014年4月 関西大学社会安全学部 准教授(現在に至る)

内容

 高齢化が進む中山間集落であり、土砂災害リスクが高いとされる福井市高須町において、地域防災活動の日常化を図るべく、住民を対象としたヒアリング調査および専門家による現地踏査の結果をもとに観測機器を設置し、住民自らが危険個所を監視し、日常とは異なる意見に気づく仕組みの構築を試みた事例について紹介する。