時間10:30~12:00
会場G会場
所属

関西大学 社会安全学部 社会安全研究センター センター長・特別任命教授

氏名河田 惠昭
57
 

略歴

関西大学社会安全学部・社会安全研究センター長・特別任命教授(チェアプロフェッサー)。工学博士。専門は防災・減災・縮災。現在、阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター長(兼務)のほか、京大防災研究所長を歴任。京都大学名誉教授。2007年国連SASAKAWA防災賞、09年防災功労者内閣総理大臣表彰、10年兵庫県社会賞受賞、14年兵庫県功労者表彰、16年土木学会功績賞、17年アカデミア賞、18年神戸新聞平和賞受賞。現在、中央防災会議防災対策実行会議委員。日本自然災害学会および日本災害情報学会会長を歴任。

内容

 これまで、国難災害としては、首都直下地震や東京水没が単独で発生すると想定してきた。しかし、安政年代の1855年東京直下地震と1856年東京暴風雨は連年災害として起こっている。この連続災害が今、時間差で起こればどうなるのか。その被害構造の概略を紹介する。