時間13:45~14:30
会場D会場
所属

NPO法人 気象キャスターネットワーク 副代表

氏名岩谷 忠幸
URLhttp://www.weathercaster.jp
22
 

略歴

気象予報士、防災士。第1回気象予報士試験の合格をきっかけに、フジテレビや日本テレビの気象キャスターとして約15年間出演。現在は日本テレビで気象デスク。また、2004年にNPO法人気象キャスターネットワークを創設し、防災教育や地球環境教育を実践。文部科学省「地球観測推進部会」委員のほか、「脱炭素チャレンジカップ」審査委員長、東京都地球温暖化防止活動推進センター検討委員などを歴任。著書に「山岳気象入門」(山と渓谷社)。「プロが教える気象・天気図のすべてがわかる本」(ナツメ社)監修。

内容

 近年、記録的な大雨によって甚大な災害が相次いでいます。しかし、2019年の台風19号では数日前から警戒を強く呼び掛けるなど、事前に予想された大雨でもありました。
 どうしたら、危機感(切迫感)が市民に伝わるのか、的確な避難により、市民や従業員の命をいかに守るか、気象情報の活用の視点でお話します。