時間14:00~14:45
会場C会場
所属

インフォコム 株式会社 サービスビジネス事業本部 モバイルクラウド事業部
危機管理コンサルタント

氏名髙橋 克彦
URLhttps://www.infocom-sb.jp/
40
 

略歴

前職にてロケット搭載用精密バルブやセラミック製バルブ、プラント用継手の設計を担当。高圧ガス製造保安責任者、危険物取扱者、非破壊検査、溶接管理技術など、多数の現場経験と資格を保有。BCPについては、事業継続推進機構の災害情報研究会で、実際の危機発生時に情報がどのように流れて行くかを調べ、ICT技術を使って、リスクをいかに軽減できるかを研究している。リスク対策コンサルタントとして、多数のBCP策定支援や訓練支援を行っている。

内容

 多くの企業において、BC(事業継続)や防災対策はコストだと考えられているのが実情だと思います。しかし、防災準備が出来ている会社は、顧客や取引先から見れば信頼できる相手、つまり信頼を得る価値(Value)に繋がるといえるでしょう。BCや防災対策は災害がなくても平常時からその価値があり、品質管理の一環と考えられます。バリューであるからこそ、ピンチをチャンスに活かせる考え方がBCS(事業継続戦略)に盛り込まれる必要があります。本セミナーでは事業継続を企業の価値を高める「バリュー」であるという考え方のもとにご説明してまいります。