時間11:50~12:35
会場C会場
所属

防災士研修センター 代表取締役

氏名玉田 太郎
14
 

略歴

IPU卒業。大手人材・IT系企業での勤務を経て防災情報新聞業務部長等を歴任。東日本大震災による東北沿岸部の被害調査の他、熊本地震、西日本豪雨災害、北海道胆振東部地震など、全国各地の災害現場での視察を基に防災士研修企画等に当たる。令和防災研究所理事。

内容

 大規模災害に備えて「自助・共助」に基づく地域防災力の強化が求められています。地方自治体では、自主防災組織リーダーの育成、きめ細やかな訓練の実施に取り組んでいますが、指導員や中核的リーダーの不足が課題となっています。
 こうした中、地域や学校における防災講演、災害図上訓練、避難所開設運営訓練、住民が行う救助訓練・搬送・応急手当訓練等に十分な知識と意識をもつ「防災士」を活用していく事例が求められています。
 防災士制度が生まれた経緯、現況、自治体防災事業と防災士の連携、地域における防災士の活動事例等について報告致します。