時間15:55~16:40
会場B会場
所属

WOTA 株式会社 COO

氏名前田 瑶介
36-1
 

略歴

徳島県出身。東大・東大院で建築学を専攻。在学中より、大手住設メーカーのIoT型水回りシステムユニットの開発プロジェクトに参加。東京大学総長賞受賞。teamLab㈱等でEngineerとして勤務し、センサ制御開発に従事。建築物の電力需要予測アルゴリズムを開発・売却後、WOTAに参画。2018年西日本豪雨、北海道胆振東部地震、2019年台風15号、台風19号では、被災地での入浴支援に従事。


 

所属

WOTA 株式会社 総合企画室長

氏名

森 健 氏

36-2
 

略歴

1966年東京都出身。開成高校・慶応義塾大学法学部卒業後、静岡県下田市役所へ入庁。静岡県庁防災局(現:危機管理部)への出向を含め、約12年間地方自治体で実務経験を積む。その後企業へ転職し、自動車部品グローバルメーカーである住友電装㈱におけるリスク管理体制の再構築など、複数社でマネジメント職(本部長、部長、課長)を経験。2019年9月より現職。

内容

首都直下地震など都市部において地震災害が発生した場合、各企業は従業員に対する安全配慮義務履行の観点から、従業員の帰宅抑制の実施と同時に事業継続に向けて本社の各機能の維持が求められることになる。本セミナーでは、企業防災・BCPの観点から企業本社の弱点補強の視点や本社籠城戦(帰宅抑制問題)の課題と解決方法について実務的に論じていく。