時間11:00 ~ 11:45
会場J会場(206会議室)
所属

特定非営利活動法人 全国災害ボランティア支援団体ネットワーク
事務局長

氏名明城 徹也
URLhttp://jvoad.jp/
3j1
 

略歴

福井県出身。米国の大学を卒業後、建設会社勤務。その後NGO業界に転身し、パキスタン地震被災者支援や南スーダン帰還民支援等、数多くのプロジェクトに携わる。東日本大震災ではジャパン・プラットフォーム職員として発災直後より現地入りし、被災者支援・復興支援に従事。その経験から新たなネットワークの必要性を痛感。その後、全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD)の立上げに関わり、2016年11月にJVOADがNPO法人として設立され、事務局長に就任。「災害時の連携を考える全国フォーラム」の開催や、都道府県域における支援者のネットワーク構築などの事業を進めるとともに、現在は平成30年7月豪雨災害や北海道胆振東部地震への対応も行っている。

内容

2018年6月以降、大阪北部地震、平成30年7月豪雨、北海道胆振東部地震などの大規模な災害が続きました。全国災害ボランティア活動支援団体ネットワーク(JVOAD)は、発災直後から現地に職員を派遣し状況を把握すると共に、支援関係者が集まる「情報共有」の場を作り、支援の調整に努めてきた。これらの災害対応の経験を踏まえ、被災者支援活動における行政、災害ボランティアセンター、NPO等の「3者連携」と支援の「調整」についてお話します。