時間14:05~15:05
所属

東北大学 災害科学国際研究所 教授

氏名村尾 修
会場G会場(203会議室)
URLhttp://www.jaee.gr.jp
koushi_3g2-2
主催 公益社団法人 日本地震工学会
後援 日本地震学会、土木学会、日本建築学会、地盤工学会、日本機械学会、
日本火山学会、歴史地震研究会
司会 宮腰淳一(震災予防講演会WG主査・清水建設株式会社)
13:00-13:05 開会挨拶
福和伸夫(日本地震工学会会長・名古屋大学減災連携研究センター 教授)
13:05-14:05 関東大震災:復興百年誌
武村雅之(名古屋大学減災連携研究センター 教授)
14:05-15:05 東日本大震災の復興過程と現状
村尾 修(東北大学災害科学国際研究所 教授)
15:05-15:15 休 憩
15:15-16:15 阪神・淡路大震災と被災者支援-命をつなぐために-
阪本真由美(兵庫県立大学減災復興政策研究科 准教授)
16:15-16:30 質疑応答

略歴

防災都市計画,都市復興計画,防災・復興空間論,国際防災戦略
村尾修『都市のリスクとマネジメント リスク工学シリーズ9』(分著)コロナ社,2013
村尾修『建築・空間・災害 リスク工学シリーズ10』(単著)コロナ社,2013
目黒公郎・村尾修『地域と都市の防災』(共著)放送大学教育振興会,2016
2002年 日本建築学会奨励賞
2014年 日本建築学会賞

内容

本講演会では、過去に発生した3つの大震災(関東大震災、阪神淡路大震災、東日本大震災)に対して、復興を成し遂げた要因および復興できない要因を紹介して頂く。これらの要因を知ることによって、今後必ず発生する相模トラフの地震や南海トラフの地震などに対する減災および復興のヒントを探る。