時間13:05~14:05
所属

名古屋大学 減災連携研究センター 教授

氏名武村 雅之
会場G会場(203会議室)
URLhttp://www.jaee.gr.jp
koushi_3g2-1
主催 公益社団法人 日本地震工学会
後援 日本地震学会、土木学会、日本建築学会、地盤工学会、日本機械学会、
日本火山学会、歴史地震研究会
司会 宮腰淳一(震災予防講演会WG主査・清水建設株式会社)
13:00-13:05 開会挨拶
福和伸夫(日本地震工学会会長・名古屋大学減災連携研究センター 教授)
13:05-14:05 関東大震災:復興百年誌
武村雅之(名古屋大学減災連携研究センター 教授)
14:05-15:05 東日本大震災の復興過程と現状
村尾 修(東北大学災害科学国際研究所 教授)
15:05-15:15 休 憩
15:15-16:15 阪神・淡路大震災と被災者支援-命をつなぐために-
阪本真由美(兵庫県立大学減災復興政策研究科 准教授)
16:15-16:30 質疑応答

略歴

1976年3月 東北大学理学部地球物理学科 卒業
1981年3月 東北大学大学院理学研究科博士課程修了
1981年4月 鹿島建設(株)技術研究所入所
1986年4月 同 小堀研究室へ異動
2010年4月 同 小堀鐸二研究所副所長
2012年4月 名古屋大学減災連携研究センター教授
この間、日本地震学会、日本建築学会、土木学会、日本地震工学会の副会長、理事、委員、中央防災会議専門委員、歴史地震研究会会長などを務める。静岡大学客員教授。
 
【受賞歴】
2007年日本地震学会論文賞受賞、2012年日本地震工学会功績賞受賞、
2013年日本建築学会著作賞受賞、2017年文部科学大臣表彰科学技術賞、他
 
【専門分野】
地震学
 
【主な著書】
「復興百年誌:石碑が語る関東大震災」(鹿島出版会、2017)
「関東大震災を歩く:現代に生きる災害の記憶」(吉川弘文館、2012)
「未曾有の大災害と地震学:関東大震災」(古今書院、2009)
「地震と防災」(中公新書、2008)、「天災日記:鹿島龍蔵と関東大震災」(鹿島出版会、2008)、「手記で読む関東大震災」シリーズ日本の歴史災害 第五巻(古今書院、2005)、「関東大震災-大東京圏の揺れを知る」(鹿島出版会、2003)
「地震の揺れを科学する- みえてきた強震動の姿」共著(東大出版会、2006)

内容

本講演会では、過去に発生した3つの大震災(関東大震災、阪神淡路大震災、東日本大震災)に対して、復興を成し遂げた要因および復興できない要因を紹介して頂く。これらの要因を知ることによって、今後必ず発生する相模トラフの地震や南海トラフの地震などに対する減災および復興のヒントを探る。