時間10:30 ~ 12:00
会場G会場(203会議室)
所属

工学院大学 建築学部まちづくり学科 教授

氏名久田 嘉章
URLhttp://kouzou.cc.kogakuin.ac.jp/newhp/index.html
3g1
 

略歴

1986年3月 早稲田大学大学院理工学研究科建設工学専攻 博士前期課程修了 1986
1991年12月 早稲田大学より工学博士の学位を授与
1993年4月 早稲田大学工学部建築学科 研究助手
1993年11月 南カルフォルニア大学地球科学科 研究助手
1995年4月 工学院大学建築学科 専任講師、助教授を経て、2003年より同大建築学部教授(現在に至る)
主たる専門分野: 工学地震学、地震工学、構造工学、地震防災

内容

2011年東日本大震災や2018年西日本豪雨災害など、近年では震災や水害など様々な災害が複合化し被害を拡大している。そのためには、被害を出さない事前対策と、被害が出た際に柔軟な対応を可能とするレジリエントかつオールハザードな対策が必要とされている。本講演では、過去の自然災害事例の教訓を踏まえ、自助・共助・公助による様々な対策事例を紹介する。