東京電力グループにおける防災に関する取り組みについて

A会場
10:30~11:15
東京電力ホールディングス 株式会社  経営企画ユニット 総務・法務室 防災グループ マネージャー
矢田 照博 氏

略歴

1994年東京電力株式会社入社。工務部門における設備の運転、監視、制御、工事、計画業務を経て、2009年より防災業務に従事。東日本大震災(2011年3月)の際には本社本部対策要員として対応した。その後防災業務から一時離れるが、2018年より再び従事、現在に至る。

内容

首都圏では、首都直下地震による家屋の倒壊や液状化、大規模火災等により、電力設備へも大きな被害を受けると考えられる。本講演では、東京電力グループの防災に関する取り組みと、令和元年台風第15号対応から得られた課題への取り組みについて紹介する。