農業用ため池の防災・減災対策について

A会場
16:00~16:45
農林水産省 農村振興局 整備部 防災課 課長補佐
篠﨑 剛 氏

略歴

平成16年度に農林水産省入省後、国営事業所での現場勤務、県や民間団体への出向等を経験し、令和2年度より現職。

内容

全国に約16万か所(令和2年3月時点)存在する農業用ため池は、各地域における貴重な農業用水の水源である。しかし、近年、豪雨や地震等によってこれらが被災する事例が多発しており、計画的に防災・減災対策を実施する必要がある。農業用ため池における近年の被災状況や今後進める防災・減災対策の方向性について紹介する。