最近の水災害と建築・まちづくりにおける水災害対策

F会場
16:00~16:45
国立研究開発法人 建築研究所 住宅・都市研究グループ 研究員
中野 卓 氏
https://www.kenken.go.jp/index.html

略歴

2018年東京大学大学院新領域創成科学研究科を修了。博士(環境学)。東京大学日立東大ラボ特任研究員を経て、2019年より現職。専門は都市計画学で、近年は水害リスクを考慮した建築・土地利用のあり方等を研究テーマとする。2019年都市住宅学会博士論文部門優秀賞を受賞。

内容

全国で河川氾濫による被害が頻発する中、建築・土地利用における水災害対策は喫緊の課題である。本講演では、統計データや建物被害実態の分析から建築・まちづくりレベルでの水災害対策の課題と方向性を示すと共に、住宅の耐水化計画案の試設計に基づき検討した、耐水化に要する追加的建築コストやその費用対効果等の分析結果を報告する。