東日本大震災からの復興に関する現状とこれからの取り組み

E会場
12:15~13:00
復興庁 インフラ構築班 参事官
山田 哲也 氏

略歴

京都大学大学院修了後、建設省(現国土交通省)入省、国土交通省道路局、東北地方整備局、奈良県県土マネジメント部等を経て、2020年より現職。東日本大震災の公共インフラの復旧・復興に携わる。

内容

東日本大震災から10年が経過し、第1期復興・創生期間の最終年度、地震・津波被災地域のインフラ関係は、各所において事業が完成し、復興の礎が築かれつつある。本講演では、「「復興・創生期間」後における東日本大震災からの復興の基本方針」等を踏まえて、復興庁の位置付けや役割と東日本大震災の各インフラ対応から得られた課題、取り組みについて紹介する。