(株)光

出展製品

屋根・壁の損傷簡易補修工法、ブロック塀の強度増強・保護コーティング工法 NEW
トドマツ針葉粉体入り避難所用ジョイントマット NEW

展示内容

ホームページ

http://e-real.co.jp

企業PR

ポリウレア・ポリウレタン樹脂によるコーティングをする会社です。

『屋根・壁の損傷簡易補修工法』は、速乾ポリウレア樹脂吹付コーティングによる工法です。
台風・地震による屋根・壁の損傷を本工事に至るまでの間、長期間簡易的に補修します。従来のブルーシート工法では、多くの雨水が侵入し屋根・壁の一部の損傷であっても、1・2ケ月の短い期間で室内に雨水がまわり家全体の崩壊につながっていく事例を多く見ます。

本工法のメリットは、
①樹脂が速乾なので工期の短縮になります。(工事が終わったその日から雨水を防ぎます)(吹付後3~5分で硬化します)
②コーティングだけなら400㎡/日施工可能です。
③コーティングは長期の耐久性を保持します。(本工事に入る期間が長くなっても大丈夫)
④コーティングは柔らかいので、本工事前の撤去がやりやすいです。(カッターで切断可能です)
⑤下地に特殊ネットを施しますので、丈夫になります。(樹脂+ネットで膜厚2~3mm)
⑥直射日光による熱を軽減します。

『ブロック塀の強度増強・保護コーティング工法』は、台風・地震・経年劣化によるブロック塀の損傷を補修・予防します。(控え壁等一定の条件があれば、転倒抑制・転倒による下敷き防止機能も期待できます)

アピールポイントは、
①樹脂が速乾なので、工期の短縮になります。(工事が終わったその日から雨水を防げます)
②コーティングだけなら400㎡/日施工可能です。
③コーティングは長期の耐候性を保持します。(現況のブロック塀塗料は3~5年)
④コーティングにより強度が上がります。
⑤ブロック塀の中への雨水の侵入を防ぎます。(劣化が遅くなる)
⑥コーティング樹脂は伸縮性があるので、ブロックに亀裂が走っても追髄し表面を保護し続けます。
⑦ブロック表面の剥落防止になります。
⑧控え壁等一定の条件があれば、転倒抑制による下敷き防止機能も期待できます。


『トドマツ針葉粉体入り避難所用ジョイントマット』は、エステー㈱の研究開発により生まれた『トドマツ針葉粉体』をその効果・成分を妨げることなく発泡PEに練り込むことに成功し、その素材を活かした避難所用ジョイントマットを製品化しました。
過酷な避難所での暮らしが少しでも快適になる効果が期待できるジョイントマットです。

消臭効果、森林浴効果(森の香り)、クッション性、耐水性(水を弾き浮く素材)が期待できます。

連絡先

株式会社光 大阪ファクトリー 
〒577-0827 大阪府東大阪市衣摺2-18-10
tel.06-6224-4097 fax.06-6224-4098
e-mail:hikari@e-real.co.jp

SNS

 

(屋根簡易工法)パンフレット表裏マット(表)マット(裏)