安藤ハザマ

出展製品

安藤ハザマ座屈拘束ブレース(AH-BRB)
豪雨・地震の複合災害に備えた「盛土強靭化技術」 NEW

展示内容

ホームページ

https://www.ad-hzm.co.jp/

企業PR

【安藤ハザマ座屈拘束ブレース(AH-BRB)】
一般的にブレースは、梁(はり)や柱などの間に鉄骨を筋交いに交差させることで、建物全体の剛性を高め、地震が発生した際の揺れを低減する働きがあります。しかし、ブレースで主に使う重量鉄骨製では、大きな圧縮力を受けると、ブレース自体にたわみが生じ、不安定な挙動になってしまうことがネックとされていました。
この問題点を改善すべく実用化したのが、安藤ハザマの座屈拘束ブレース(AH-BRB)で、圧縮力を受けても引張力を受けた場合と同様に、安定した耐震性能を発揮します。
座屈拘束ブレースの構造は、コの字形の拘束鋼材にコンクリートを充填(じゅうてん)し、芯材とスペーサーを間に入れて、上から座屈拘束材で覆い被せて溶接で一体化させます。拘束鋼材を2分割した状態でコンクリートを間に流し込み、構造性能で重要とされるコンクリートの充填性を目視で確認できるため、安定的な品質確保につながります。

【豪雨・地震の複合災害に備えた「盛土強靭化技術」】
豪雨・地震の複合的な災害の対策として止水性および透水性地盤改良を組み合わせた盛土の新たな補強工法を開発しました。

■止水性地盤改良体(川表側法尻):現地撹拌方式による地盤改良体
 豪雨時は、法尻部の侵食や堤体内への河川水の浸入を防ぎ、堤体の不安定化を抑制します。地震時は、液状化等による堤体および基礎地盤の不安定化を抑制します。

■透水性地盤改良体(川裏側法尻):優れたせん断強度と透水性を有する地盤改良体
 豪雨時は、浸透および越水による法尻部の侵食を防ぎ、堤体内の浸透水を効率的に排水することで堤体の不安定化を抑制します。水位上昇に伴うパイピングの発生も防止します。地震時には、液状化等による堤体および基礎地盤の不安定化を抑制します。