東邦電気(株)

出展製品

感震ブレーカ NEW
水道連結型スプリンクラー設備(乾式) NEW

展示内容

ホームページ

http://www.tohodenki.co.jp/

企業PR

私たちは 1955年(昭和30年)創業以来、アンペア制用ブレーカメーカーとして半世紀以上、世の中にブレーカを送り続けてきました(納入実績は約2,800万台)。
一軒一軒のご家庭の電気の安全を守り、電気の公正な契約を守り、限りあるエネルギー資源を効率よく使って頂くという、アンペア制用ブレーカの使命を全うするために、厳格な仕様と試験に適合した製品を送り出しています。そのために、徹底した品質管理、絶え間ない技術開発と生産技術の向上を行っております。さらに、仕様、機能、コスト、サービスなど、時代と共に変化するニーズを、お客様と共にすくい上げ、改善を進めてまいりました。
【感震ブレーカ】
電力会社で進められているスマートメーターの導入に伴い不要となるアンペアブレーカ(電流制限器)のスペースに設置可能な製品ですので、分電盤の交換やボックスの増設の必要がありません。地震検知機能と開閉機能を内蔵した一体構造としておりますので、地震発生時(震度5強相当、または震度6弱相当以上)には機器単体での電気回路の遮断が可能です。また、接続端子部分はアンペアブレーカと全く同じ構造としておりますので、圧着工具等は不要でドライバーのみで設置が可能です。
【水道連結型スプリンクラー設備(乾式)】
建物や住宅で火災が発生しても初期段階で作動して煙や火の燃え広がりを防ぐ初期消火用 スプリンクラー。水道管に直結しているため、わずかなスペースでも設置でき工費・工期も節約できます。また乾式の給水システムを採用。平常時は配管内に水が入っておらず火災発生時のみ配管内に通水されるので配管内部の凍結や水漏れを防止。流水音もなく静かです。更にバッテリー装置を内蔵しており、火災発生時に停電が起きてもしっかり作動するので安心です。介護施設や病院、有床診療所、幼稚園や保育園、集合住宅や寮、民泊施設、一般の住宅まで乾式の水道連結型スプリンクラーシステムは人々の暮らしを火災から守ります。

連絡先

〒221-8712 横浜市神奈川区羽沢町1638-1
TEL:045-610-3591
e-mail:eigyou@tohodenki.co.jp

 

 

 

次の記事

(株)ダイイチ