クロスイメージング(株)

出展製品

防災情報自動アナウンスシステム(MVS)
3D気象情報作画システム(BOLT)
新防災情報作画・送出システム(NDS)
高度利用緊急地震速報システム

展示内容

ホームページ

http://www.crossimaging.jp/

企業PR

▼企業PR▼

クロスイメージングは気象防災ビジネスの総合SI企業として、
主に放送業界向けの気象・防災システムの設計開発を行うとともに、
運用サポート・保守業務まで一貫したサービスを提供しております。

本展示会では、防災情報自動アナウンスシステム (Media Voice Station)と
3D気象情報作画システム(BOLT Weather Station)を中心に紹介致します。

その他、新防災情報作画・送出システム(New Disaster Station)や
高度利用緊急地震速報システムの紹介も併せて行っております。

当日は個別に製品のデモ対応をすることも可能ですので、是非ご覧下さい!
また、ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せ下さい!

▼製品紹介PR▼

●防災情報自動アナウンスシステム (Media Voice Station)

本システムは、気象庁及び民間気象会社から送られてくる各種防災情報を受信・解析し、
読み上げ用音声ファイルを自動で生成・送出することが可能です。

【特長1】
マスターからの制御による自動送出及び手動送出機能の2つのモードを搭載しています。

【特長2】
自動送出対象はフィルタリング設定が可能で放送エリアに合わせた情報を送出可能です。

【特長3】
Text to Speechエンジンを使い、人の声に近い自然な音声合成を実現しています。

●3D気象情報作画システム(BOLT Weather Station)

本システムは、気象庁及び民間気象会社などから送られてくるGPVなどの
気象データを解析し、放送送出向けの各種気象画面(動画・静止画・連番静止画)を
作成する事が可能です。

【特長1】
シーンはレイヤーの重ね合わせで構成されているため、複数の気象データを重ねて
作画することが可能です。

【特長2】
ポーラーステレオ図法をはじめとして、正距円筒図法、モルワイデ図法、メルカトル図法など
多様な地図図法に対応しています。

【特長3】
パン・ズームなどに加え、3D空間を自由に移動するカメラを定義して訴求力のある
モーション表現を行うことができます。

●高度利用緊急地震速報システム

高度利用者向け緊急地震速報を受信し、揺れが到着するまでの予測震度・猶予時間を
お知らせするシステムを展示します。

連絡先

〒141-0031 東京都品川区西五反田A-PLACE 五反田駅前9F
TEL:03-6417-9190  FAX:03-6417-9195
MAIL:info@crossimaging.jp