積層圧電素子を用いた振動発電による無線加速度モニタリングシステムの開発

F会場
10:30~12:00
神奈川大学 工学部 機械工学科 特任教授
藤本 滋 氏

略歴

1978-3 慶應義塾大学大学院機械工学専攻博士課程修了.
1978-2004 (株)東芝 総合研究所・電力・社会システム技術開発センター, 
2004-2016 湘南工科大学工学部(教授),東京都市大学工学部(教授),2016 神奈川大学工学部(教授), 2021 神奈川大学工学部(特任教授) 現在,原子力耐震工学,制振・免震技術および振動発電技術に関する研究に従事.

内容

圧電素子に添加剤を添加した圧電素子を積層した高出力積層圧電素子を開発すると共に、この積層圧電素子の振動発電により駆動する無線加速度モニタリングシステムを開発した。さらに、小型コンプレッサーの振動を利用して、開発した無線加速度モニタリングシステムを駆動し、振動する物体の加速度波形を計測すると共にその加速度を無線送受信する実証実験に成功した。今回の講演では、これらの開発状況を報告する。