福島の農業復興から窺う災害時の食の意味と首都圏の震災備蓄の現状

H会場
13:30~14:15
公益社団法人 日本災害食学会 会長
守 茂昭 氏
http://www.mmjp.or.jp/TELEPAC/d-food/index.html

略歴

昭和59年4月  ㈱EX都市研究所、高度情報通信都市・計画シンクタンク会議事務局長就任
平成16年4月 日本都市計画家協会事務局長兼務
平成10年4月 財団法人 都市防災研究所 事務局長 兼務
令和元年9月  一般社団法人日本災害食学会会長

内容

東日本大震災10周年を機会に取材した福島の農業復興の逞しさを紹介しつつ、首都圏の震災が訪れた場合の食料調達の展望を考える。放射能汚染を額面通り克服した福島の農業の奮闘と比較し、大地から食を育てる感覚を失ってしまった都会の食の脆弱さを数値を引用しつつ指摘する。