対策本部の意思決定と地域・企業の人材育成 ~災害図上演習DIGの活用~

H会場
13:00~14:00
災害対策研究会 代表
宮本 英治 氏
http://www.saitaiken.com/

略歴

1950年生れ、九州大学卒、災害対策研究会代表・(一社)地域安全学会名誉会員・(株)パスコ顧問
従来はコンサルタント会社等で洪水対策計画、地震応答解析、地震被害予測に従事。阪神淡路大震災後に広まった地域向け災害図上演習DIGの指導に参加。その後、多くの企業など(通信、電力、鉄道、建設、物流、トヨタグループなどの製造業、製薬、医療機関)の防災計画に関わってきた。東日本大震災以降は社員・職員向け研修や小中高の防災授業など、指導範囲が多岐にわたっている。

内容

まず実際の災害や感染症の事例から、対策本部の意思決定について説明します。
 ①東日本大震災から
 ②風水害・土砂災害から
 ③ブラックアウトと被害の連鎖
 ④新型感染症(新型コロナウィルス)
次に水害を対象に災害図上演習DIGの概要を説明します
 ①避難と警報レベル
 ②リスクの把握
 ③地域や企業の検討
最後に災害図上演習DIGを通じた人材育成の事例を紹介します。
 ①地域防災
 ②企業防災