防災教育におけるVRの今とメタバースへの道のり

G会場  14:30~16:30
株式会社ソリッドレイ研究所

プログラム

14:30~14:40 趣旨説明
14:40~15:00 防災教育におけるVR活用事例
石川 大樹(株式会社理経)
15:00~15:30 HPのVR製品が法人分野で選ばれる理由
島崎 さくら(株式会社日本HP)
15:30~15:40 休憩
15:40~16:00 災害対応訓練VRの構築プロセス
今村 伊知郎(株式会社ソリッドレイ研究所)
16:00~16:20 センサー+VR=メタバースが創り出す新しい災害教育
3社によるセッション形式
16:20~16:30 総括

防災教育におけるVR活用事例

株式会社理経
石川 大樹 氏

略歴

2015年理経入社。入社後、VR開発に特化した新規事業部を立ち上げる。災害×VRのテーマで全国100箇所以上にコンテンツを導入。現在は消防向けVR開発など、より専門性の高いテーマを産学共同プロジェクトとして取り組んでいる。

 

HPのVR製品が法人分野で選ばれる理由

株式会社 日本HP
島崎 さくら 氏

内容

株式会社 日本HPにて、製造・建築・映像制作などプロフェッショナル向けのハードウェア、および該当業界における導入の目覚ましいVRハードウェアを活用したDX推進による生産性向上・コラボレーションの加速をご提案しています。

 

災害対応訓練VRの構築の例

株式会社ソリッドレイ研究所
今村 伊知郎 氏

略歴

1994年ソリッドレイ入社。主に営業業務に従事し受託開発案件を手掛け、その中でもヒューマンエラー対策VRを多く手掛けている。日本バーチャルリアリティ学会理事