防災士が提案する「ホームサバイバル・トライアル ~在宅避難のために~」

B会場
11:45~12:30
防災士研修センタ― 代表取締役
玉田 太郎 氏
http://www.bousaishi.net/

略歴

IPU(ニュージーランド)卒業。大手IT系企業での勤務を経て防災情報新聞業務部長等を歴任。平成21年防災士研修センター常務取締役に就任。
霧島山(新燃岳)噴火後の現地調査や東日本大震災による東北沿岸部の被害実態調査等を基に防災士研修企画等にあたる。現在防災士研修センター代表取締役、一般社団法人「令和防災研究所」エグゼクティブフェロー。

内容

コロナ禍の感染リスクにより、避難所での避難生活に不安を感じる人も多く、新たな避難のあり方として、安全確認できれば「在宅避難」を選択する事も検討すべきである。その為に事前準備と在宅避難のメリット・デメリットを充分理解し予行演習を行う必要がある。全国で年間80回以上「防災士」養成講座講師として登壇し、在宅避難の為、「ホームサバイバル・トライアル」の提唱を行ってきた内容を解説する。