防災・減災に効果的な内閣防災省を創る

A会場
14:30~15:15
関西大学 社会安全学部 特別任命教授・社会安全研究センター長
河田 惠昭 氏

略歴

関西大学社会安全学部・特別任命教授(チェアプロフェッサー)・社会安全研究センター長。工学博士。専門は防災・減災・縮災。現在、阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター長(兼務)のほか、京大防災研究所長を歴任。京都大学名誉教授。2007年国連SASAKAWA防災賞、09年防災功労者内閣総理大臣表彰、10年兵庫県社会賞受賞、14年兵庫県功労者表彰、16年土木学会功績賞、17年アカデミア賞、18年神戸新聞平和賞受賞。日本自然災害学会および日本災害情報学会会長を歴任。

内容

内閣防災省が発足しても直ちに防災・減災に効果を発揮できるわけではない。担当職員らは、中小災害の危機管理を10年以上経験し、習熟しなければならない。むしろ創設前にしなければならないことがある。それは、災害対策基本法の改正によって事前対策を可能にしなければならない。これによって国土強靭化政策も継続できる。