自助と共助の防災まちづくり

C会場
11:00~11:45
常葉大学 大学院 環境防災研究科 教授
重川 希志依 氏

略歴

東京都出身。東京理科大理工学部建築学科卒業。(財)都市防災研究所に入り、2000年から富士常葉大学環境防災学部助教授。その後大学院環境防災研究科教授を経て2013年より現職。中央防災会議委員,消防審議会委員,地域安全学会会長などを務める。専門分野は、防災教育。災害に強いまちづくり、人づくりのための教育プログラム等の研究を続けている。著書に『新しい人間、新しい社会‐復興の物語を再創造する‐』(共著)(京都大学学術出版会)、『都市再生のデザイン』(共著)(有斐閣)、『防災の決め手「災害エスノグラフィー」』(共著)(NHK出版)などがある。

内容

「自らの命は自ら守る」ことの重要性を、皆が真剣に考える必要がある。公助に頼りがちな防災のありかがを見直し、自立・自律した市民が安全な日々の暮らしを継続し、さらに、突然襲いかかる災害に対処するために何が必要となるのか。過去の災害をふり返り、また先進的な取組事例を交えながら考えてみる。