地図を地域の防災・減災に役立てる

A会場
11:00~11:45
国土地理院 統括測量/防災官
長谷川 裕之 氏

略歴

平成7年 国土地理院に入省。国土地理院で主に基本図の整備更新、防災・災害対応等の業務に従事。測量指導課長や企画調整課長等を経て令和2年10月から現職。

内容

国土地理院は、災害対策基本法に基づく指定行政機関として測量・地図分野の最新技術を活かした災害対応関連施策を推進しています。また、国民の安全・安心の確保に貢献するため地形を分かり易く表現した地図や地震防災、風水害対策等のための主題図の整備も実施しています。これらの地図を防災・減災対策の基礎資料として地域や学校教育に役立てるための事例を紹介します。