● 茨城県南部 M5.0を観測
気象庁によると、14日午前4時53分頃、茨城県と埼玉県で震度4の揺れを観測する地震が発生。震源地は茨城県南部、震源の深さは50km、M5.0と推定。各地の震度は、茨城県 筑西市と埼玉県春日部市等で震度4、東京都中野区、神奈川県横浜市港北区等で震度3の揺れが報告されています。今年に入ってM5.0を超える規模としては、4日の千葉県東方沖でM5.9を記録し、千葉県銚子市等で震度4を観測して以来2回目。同庁は「今後、同程度の規模の地震が起きる可能性があり、強い揺れに警戒してほしい」と注意を呼びかけています。

 
● 令和元年災害廃棄物処理費 620億円超の見込み
令和元年度、災害廃棄物の処理にかかる費用は国の補助金だけで620億円を超える見込みとなりました。東日本大震災を除いて、この10年で2番目に多いとのこと(最多:平成28年度の約728億円)。環境省は毎年度2億円を当初予算に計上していますが、豪雨等の災害が相次ぎ、当初予算で対応しきれない年が続いているとのこと。今年度発生した災害のうち台風15号と19号では17都府県で災害廃棄物が発生し、合計180万tを超えています。同省は処理を速やかに進めるため、被災地から離れた他の自治体に協力を要請し広域処理を進めています。