よくわかる!防災とSDGsの関係について/ローカルSDGsの経営実践:レジリエントな地域社会づくりに向けて

よくわかる!防災とSDGsの関係について

11:00~12:30
一般社団法人 SDGsとうほく 代表理事
紅邑 晶子 氏
C会場

略歴

宮城県仙台市在住。宮城県内のNPOの活動支援や東日本大震災後の被災地支援に関わったのち、2017年より有志によるSDGsの勉強会を開始。2018年7月一般社団法人SDGsとうほくを設立。企業、自治体職員、高校、市民向けのSDGsセミナー・ワークショップを行っている。「SDGsを他人事から自分事に」がモットー。

内容

SDGsが掲げる17の目標には防災という目標はないけれど、各目標や169のターゲットを読み解くと防災につながることが見えてくる。そんな防災とSDGsの共通点を事例を交えて紹介するとともに、簡単なワークショップも実施する。

ローカルSDGsの経営実践:レジリエントな地域社会づくりに向けて

11:00~12:30
東北大学 大学院経済学研究科 准教授
高浦 康有 氏
C会場
http://www2.econ.tohoku.ac.jp/~takaura/SDGs.html

略歴

神戸市生まれ。一橋大学大学院商学研究科博士課程単位取得退学(商学修士)。企業倫理、企業とNPOの協働論、SDGs経営を研究。宮城県民間非営利活動促進委員会委員、仙台市市協働まちづくり推進委員会委員長、特定非営利活動法人杜の伝言板ゆるる理事、一般社団法人SDGsとうほく理事。

内容

レジリエントでサステナブルな地域社会をつくる上で、地域企業によるSDGsの取り組みが注目されている。SDGsの概要・ウェディングケーキモデル、地方創生とSDGs、地域企業におけるSDGs経営の導入プロセス、地方のSDGを支援する表彰制度(とうほくSDGsアワード)等の説明・紹介を行う。