時間10:45~11:30
所属

文部科学省 研究開発局 地震・防災研究課 地震調査管理官

氏名林 豊 氏
会場A会場
URLhttps://www.jishin.go.jp/
0607a1045-1130.jpg

略歴

平成4年気象大学校卒業後、大阪管区気象台技術部調査課、気象庁地震火山部火山課、科学技術庁研究開発局地震調査研究課(現所属部署の前身)などを経て、気象研究所で津波と地震の研究に従事。平成29年4月より気象庁地震火山部地震津波監視課調査官、平成30年4月より現職。平成17~29年地震調査研究推進本部地震調査委員会専門委員。博士(工学)(平成22年、東北大学工学研究科)。

内容

地震調査研究推進本部では、地震防災対策の強化、特に地震による被害の軽減に資する地震調査研究の推進を行っています。本講演では、南海トラフで次に発生する地震の規模や可能性についての長期評価の例を中心に、地震調査研究推進本部の活動を紹介します。