時間13:00〜16:45
所属

名古屋大学 減災連携研究センター センター長・教授

氏名福和 伸夫 氏
会場A会場
koushi_1a02

略歴

民間建設会社に勤務した後、名古屋大学に異動、工学部助教授、先端技術共同研究センター教授、環境学研究科教授、減災連携研究センター長・教授を経て、現在に至る。
専門は、建築耐震工学、地震工学、地域防災。中央防災会議における専門調査会や、中央官庁・自治体などの防災・耐震関係委員を務める傍ら、地域の具体的な減災活動を実践。受賞:日本建築学会賞、同教育賞、文部科学大臣表彰科学技術賞、地域安全学会技術賞、災害情報学会廣井賞、日本耐震グランプリなど。

内容

 南海トラフ地震では、我が国の過半が被災する。なかでも製造業の被害は深刻であり、我が国の産業競争力を失い、国の衰退にも繋がる。そこで、製造業を中心とする産業の現状を分析し、ボトルネックである災害病巣を明らかにすると共に、社会として病巣を治癒・切除する方策を考える。

■第二部被災体験を語るパネルディスカッション
コーディネーター 日経BP総研 上席研究長 執行役員
安達 功 氏
パネラー
  • 京都大学防災研究所 都市防災計画分野 教授
    牧 紀男 氏
  • 国土交通省 近畿地方整備局長
    池田 豊人 氏
  • 名古屋大学 減災連携研究センター センター長・教授 福和 伸夫 氏
  • LSO理事長/関西大学理事・社会安全学部・社会安全研究センター長・教授
    人と防災未来センター長 河田 惠昭 氏