時間15:30〜16:15
所属

阪神・淡路大震災記念人と防災未来センター
研究部 主任研究員

氏名荒木 裕子 氏
会場E会場
URLhttp:///www.dri.ne.jp
koushi_51

略歴

神戸大学大学院国際協力研究科博士前期課程、神戸大学工学研究科博士後期課程修了。博士(学術)、一級建築士。建築設計事務所、被災地支援NPO、都市計画コンサル、(公財)ひょうご震災記念21世紀研究機構研究調査本部研究員を経て2015年4月より現職。

内容

南海トラフ地震津波の想定の見直しによりさらに多くの避難者の発生が予測されています。学校などの公共施設を利用した避難所の指定とその周知が急がれますが、過去の大規模災害時には、指定避難所以外の場所でも避難が行われています。本講義ではその実態と安全に避難生活を送るための対策を考えます。