時間15:30〜16:15
所属

阪神・淡路大震災記念人と防災未来センター
研究部 主任研究員

氏名中林 啓修 氏
会場E会場
koushi_49

略歴

2008年(平成20年)3月 慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科後期博士課程単位満了修了。
独立系シンクタンク、明治大学危機管理研究センター、沖縄県での勤務を経て、2016年(平成28年)4月より現職。
2010年(平成22年)3月 博士号(政策・メディア)取得。
専門分野は、危機管理学、国際関係論、ガバナンス理論、安全保障研究(非伝統的領域を含む)。

内容

阪神・淡路大震災後に進んだ退職自衛官の自治体防災関係部局への在職は、東日本大震災を境に大きく増加している。
本公演では、講師らが行った郵送アンケート調査の結果などから、自治体防災関係部局に勤務する退職自衛官の実像を明らかにし、自治体防災への貢献の可能性について論じる。