国内の地震・自然災害対策関係者が一堂に会する日本唯一の技術見本市・シンポジウム

セミナー情報

  • HOME »
  • セミナー情報

6月6日(木) ※ 複数選択可(重複している時間のセミナーがないようにご注意ください。)

A 会場 B 会場 C 会場 D 会場 E 会場
 6月6日 A会場 10:45~12:15
【基調講演】
大阪湾沿岸の南海地震津波を考慮した計画高潮の見直し
関西大学 社会安全学部 社会安全研究センター長・特別任命教授
河田 惠昭 氏
「生きる、を支える科学技術」を目指す防災科研の試み
国立研究開発法人 防災科学技術研究所 理事長
林 春男 氏
防災減災教育の取組
宮城県 多賀城高等学校 教諭(防災主任)
高橋 健一 氏
東北と神戸の高校生たち
兵庫県立 舞子高等学校 環境防災科 環境防災科長
桝田 順子 氏
新しい地震対策を考えるセミナー<耐震・免震・制震から収震へ(SRF)へ>
構造品質保証研究所 株式会社 代表取締役
五十嵐 俊一 氏
地域防災力の向上と防災士の活動について
防災士研修センター 代表取締役
玉田 太郎 氏
災害対応力の強化について~昨年の災害の教訓を踏まえた大阪府の取組について~
大阪府 危機管理室防災企画課 課長
宍戸 英明 氏
シミュレーションと最適化による都市スケールの避難計画の支援技術
大阪市立大学 都市防災教育研究センター 兼任研究員(生活科学研究科・教授)
瀧澤 重志 氏
豪雨災害時の情報の伝わり方と地域防災 ~豪雨警戒情報システムの活用~
株式会社 ユニメーションシステム 企画・開発部 部長
伊藤 武志 氏
和歌山県の防災・減災対策について
和歌山県 総務部 危機管理局長
酒井 清崇 氏
 6月6日 A会場 13:00〜17:00
近畿地方で被害が起こる地震・津波・高潮災害
~将来への展望~
主催:NPO法人『人・家・街 安全支援機構』
南海トラフ巨大地震 津波の新たな被害想定
NPO法人『人・家・街 安全支援機構』理事長
関西大学理事・社会安全学部・
社会安全研究センター長・特別任命教授
阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター長
河田 惠昭 氏
昨年の地震災害に学ぶ
名古屋大学 減災連携研究センター センター長・教授
福和 伸夫 氏
2018年台風21号による高潮・高波災害から学ぶ今後の対策
京都大学 防災研究所 気象・水象災害研究部門 沿岸災害研究分野 教授
森 信人 氏
南海トラフ巨大地震等に対する兵庫県の取り組み
兵庫県 企画県民部防災企画局防災企画課 課長
松久 士朗 氏
大阪ガスの地震等災害対策への取組み
大阪ガス 株式会社 ネットワークカンパニー 中央保安指令部 防災・供給 チーム マネジャー
上林 秀則 氏
令和時代の建物資産価値向上とは! (耐震コーディネーター®、木密耐火®、昭和復刻®活用方法について)
サンメイト一級建築士事務所 代表
杉本 重実 氏
被災経験から学ぶ事業継続
一般財団法人 日本品質保証機構 マネジメントシステム部門 審査技術部 次長
倉光 豊 氏
災害心理学入門 -すべきことができない人間の心理-
関西大学 社会安全学部 教授
元吉 忠寛 氏
少子高齢化現象がもたらす災害の複合性の増長
~北海道胆振東部地震から考える南海トラフ巨大地震対策への警鐘~
北海道大学 広域複合災害研究センター 特任教授
岡田 成幸 氏
薄型・超軽量ソーラパネルの選定に考慮すべき事項
CSインターナショナル 株式会社 Merlin Solar 技術アドバイザリーボードメンバー 代表取締役会長
石田 謙三 氏
大震災による被災マンション復興と課題
マンション管理研究所・関西センター所長 / 千里金蘭大学 名誉教授
藤本 佳子 氏
阪神高速道路(株)における防災対策の取組み
阪神高速道路 株式会社 総務人事部 防災危機管理室 室長
井口 斉 氏
災害対策基本法から見た避難生活のあり方
関西大学 社会安全学部 教授
山崎 栄一 氏
AI防災の最前線!AIはどのように防災・減災に活用できるか
株式会社 Spectee 代表取締役CEO
村上 建治郎 氏
住まいに潜む危険と耐震性
萬川建築設計事務所 所長
萬川 幹夫 氏
福祉事業所等の災害への備えと避難者受入
公益財団法人 ひょうご震災記念21世紀研究機構 人と防災未来センター 研究部 主任研究員
木作 尚子 氏
南海トラフ巨大地震と内陸地震をさぐる
-京都大学防災研究所地震予知センターにおける研究の紹介-
京都大学防災研究所 地震予知研究センター センター長・教授
西上 欽也 氏
もしも堤防が決壊した場合でも減災につなげるための考え方
~堤防決壊時の緊急対策シミュレーションの参考として~
国立研究開発法人 土木研究所 寒地土木研究所 寒地河川チーム 研究員
島田 友典 氏
ご存知ですか?大阪周辺に活断層が密集すること
神戸大学 海洋底探査センター センター長・教授
巽 好幸 氏

チェックボックスのないセミナーは、満席となっております。
事前受付が終了したセミナーに関しては当日の空席状況次第でご案内が可能となります。

当日受付は5分前より開始いたします。聴講はすべて無料です。

 

6月7日(金) ※ 複数選択可(重複している時間のセミナーがないようにご注意ください。)

A 会場 B 会場 C 会場 D 会場 E 会場
 6月7日 D会場 10:30〜11:15
地震調査研究推進本部の活動
文部科学省 研究開発局 地震・防災研究課 地震調査管理官
林 豊 氏
災害の時代に正しく備える
兵庫県立大学大学院 減災復興政策研究科 研究科長・教授
室﨑 益輝 氏
都市にひそむ暴風リスクを理解するために:2018年台風21号による暴風災害
京都大学 防災研究所 准教授
竹見 哲也 氏
BCPをより実効性の高いものにするためには?
-企業、病院、自治体-
株式会社 エイト日本技術開発 災害リスク研究センター 研究サブリーダー
三上 卓 氏
災害拠点病院のBCPとBCM
大阪市立総合医療センター 救命救急センター 医長
福家 顕宏 氏
平成30年度の自然災害等を受けた大阪市の取組について
大阪市 危機管理室 防災計画担当課長代理
早野 和秀 氏
LINEの活用による災害対応能力の高い社会の実現へ向けて
LINE株式会社 公共政策・CSR担当 執行役員
江口 清貴 氏
官民連携に基づく災害支援の現状と課題 ―熊本地震と大阪北部地震から考える
関西大学 社会安全学部 准教授
菅 磨志保 氏
メールアドレス不要で登録も運用も簡単な最先端安否確認システム
株式会社 アドテクニカ
西家 宏多 氏
2018年に発生した災害に対する日本赤十字社の対応
日本赤十字社 大阪府支部 事業課 救護係長
谷村 陽一郎 氏
危機管理とリーダーシップ -その時、学校現場では-
関西大学 社会安全学部 教授
亀井 克之 氏
多くの社員に響き、届く“楽しみながら広がる”企業版防災啓発の新しいカタチ
NPO法人 プラス・アーツ 理事長
永田 宏和 氏
平成30年7月豪雨災害を踏まえた広島県としての取組について
広島県 危機管理監危機管理課 防災担当監
山本 雅治 氏
緊急時に向けた燃料備蓄の現状と今後の課題について
平野石油 株式会社 燃料ソリューション事業部
中里 賢一 氏
国連を通した防災・減災に関するグローバルな取り組み:UNISDRと仙台防災枠組(仮題)
国際連合国際防災戦略事務局(UNISDR) 駐日事務所 代表
松岡 由季 氏
近畿地方整備局における防災対策
国土交通省 近畿地方整備局 総括防災調整官
粟津 誠一 氏
東日本大震災で発生した地方都市の帰宅困難者対応事例を踏まえた企業の対策の留意点
公益財団法人 ひょうご震災記念21世紀研究機構 人と防災未来センター 研究部 研究員
寅屋敷 哲也 氏
実践的な企業防災計画(災害図上演習の活用)
災害対策研究会 代表
宮本 英治 氏
世界初 水を創り出す装置「WATER MAKER」の開発秘話と可能性
WATER MAKER 代表取締役会長 / 公益社団法人 東京共同住宅協会 理事(内閣府管轄)
赤石 太郎 氏
災害時こまらんトイレ!(公共下水道接続型マンホールトイレ)について-神戸市の事例-
神戸市 建設局 下水道部 管路課管路係 調査担当係長
森田 寿 氏
南海トラフ地震の多様な発生形態に備えた新たな防災対応について
内閣府 政策統括官(防災担当)付 参事官(調査・企画担当)付 参事官補佐
久保 剛太 氏
大規模災害に備えた総務省の取組
総務省 近畿総合通信局 防災対策推進室 防災対策推進室長
横田 幸男 氏
なぜ急ぐ?夜間休日の災害対応
株式会社 レスキューナウ 危機管理アドバイザー
市川 啓一 氏
有事における有効な燃料供給方法と事前対策のご提案
三和エナジー 株式会社 営業部 EESS推進課 課長
道下 祐輝 氏
大雨・洪水警報の危険度分布とその活用について
大阪管区気象台 気象防災部 気象防災情報調整官
弘田 実 氏

チェックボックスのないセミナーは、満席となっております。
事前受付が終了したセミナーに関しては当日の空席状況次第でご案内が可能となります。

当日受付は5分前より開始いたします。聴講はすべて無料です。

 

セミナー申込

会社名 必須
会社名 (かな) 必須 ※ 法人格(かぶしきがいしゃ等)は除いてください。
所属部署
役職
氏名 必須
氏名(かな)必須
Email 必須
郵便番号 必須 ※ ハイフンも入力してください。例)107-0062
住所 必須 ※ 建物名もご記入ください。
TEL 必須 ※ ハイフンも入力してください。例)03-5775-2855
FAX 必須 ※ ハイフンも入力してください。例)03-5775-2856
あなたの業種は? 必須

 
 

利用規約承諾

重複した時間帯の申込はできません。今一度ご確認いただけたらボックスにチェックをお願いします。

 

Copyright © Exhibition Technologies, Inc. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.