時間10:45 - 12:45
所属

関西広域連合
政策研究大学院大学教授
防災・危機管理コースディレクター

氏名武田 文男 氏
会場A会場
URLhttp://www.kouiki-kansai.jp/
koushi_2a01-3

略歴

1975年自治省入省。自治省(総務省)消防庁総務課長、福岡県副知事等を経て、2005年内閣府大臣官房審議官(防災担当)。その後、京都大学防災研究所巨大災害研究センター客員教授、政策研究大学院大学教授 防災・復興・危機管理プログラム副ディレクターなどを経て、2016年より現職。

内容

複数府県・政令市で構成する全国初の広域連合組織である関西広域連合では、学識者及び実務経験者からなる「我が国の防災・減災体制のあり方に関する懇話会」を設置し、熊本地震対応から海外事例まで幅広い観点で分析を行うなど、我が国の防災・減災体制のあり方について検討を進めてきた。本日は、南海トラフ巨大地震や首都直下地震などの“国難”に対処するにはどのような防災・減災体制が必要かという観点から、有識者などによる講演、パネルディスカッションを行う。

パネルディスカッション

コーディネーター
koushi_2a01-3
パネリスト
koushi_01
koushi_2a01-4
koushi_2a01-5