時間15:45 - 16:30
所属

京都大学 防災研究所 准教授

氏名竹見 哲也 氏
会場C会場
URLhttp://ssrs.dpri.kyoto-u.ac.jp/takemi/
koushi_1c05

略歴

1999年3月、京都大学大学院理学研究科博士課程修了、博士(理学)号取得。1999年4月から大阪大学助手、2004年5月から東京工業大学講師、2007年3月から京都大学防災研究所准教授となり、現在に至る。専門分野は、気象学、気象災害、台風や暴風雨現象。

内容

台風や豪雨による気象災害が毎年のように発生します。天気予報の精度は向上しているものの、気象災害による犠牲者はなくなりません。気象災害から命を守るためには、台風や豪雨といった異常現象の特徴を理解するとともに、どのような気象情報があるのかといったことを知っておくことが大事です。また、長期的な気象防災を考えるためには、地球温暖化の影響も懸念されます。本講演では、命を守るための気象情報の接し方についてお話します。