時間10:45 - 12:15
所属

関西大学 社会安全学部
社会安全研究センター長・特別任命教授

氏名河田 惠昭 氏
会場A会場
koushi_1a01

略歴

関西大学社会安全学部・社会安全研究センター長・特別任命教授(チェアプロフェッサー)。工学博士。専門は防災・減災。現在、阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター長(兼務)のほか、京大防災研究所長を歴任。京都大学名誉教授。2007年国連SASAKAWA防災賞、09年防災功労者内閣総理大臣表彰、10年兵庫県社会賞、14年兵庫県功労者表彰、16年土木学会功績賞、17年アカデミア賞受賞。現在、中央防災会議防災対策実行会議委員。日本自然災害学会および日本災害情報学会会長を歴任。

内容

1900億ドルに達する、史上最大の社会経済被害をもたらしたハリケーンによる広域豪雨災害の実態を災害研究者、国土交通省、内閣府による現地調査によって明らかにする。とくに、広域都市圏の人口が600万人を超えた全米4位のテキサス州ヒューストンにおける被害の発生過程からわかったこれまでの対策の問題点、そして、今後の対策を洪水リスクマネジメントの立場から概述する。